年齢に関係なく、人間にとって一番、悲しくて、淋しくて、苦しいことは、好きになった人から『好きよ』と言ってもらえないことです。お父さんが元気が無いのは『好きよ』とお母さんが言わないからです。お母さんが悲しい顔しているのは『好きよ』とお父さんが言わないからです。子供達が淋しいのは『好きよ』とお父さんお母さんが言わないからです。人間にとって一番うれしいくて楽しくて幸せなことは好きになった人から『好きよ』と言ってもらつたときです。みんなの目が輝いてきます。『好きよ』という一言はどんな高価な金品でも代用できるものではありません。

20131002-183713.jpg

広告