どんな男でも、ある女性を自分のものにしようとするときは、その人が自分の愛に最もふさわしい女性であり、自分がこんなに夢中になるのももっともなことだと思いこんでいるのである。 そして、それが迷いであったと気づくのは、 あとになって別の女を愛するようになったときである。

ラブレター、青年は急いで読み、壮年はゆっくり読み、老人は読みなおす。
http://www.sugowaza.jp/reports/get/66904/55381

20130825-174143.jpg

広告